ユークロマ(ハイドロキノン)で乳首をピンクに!おすすめの使い方

公開日:2021年9月4日 ↺最終更新日:2021年10月20日


こんにちは!あおいです♡

 

長らくオオサカ堂でビハクエンさんの
ハイドロキノンを使用していますが

今回のお買い物ではもっとコスパの良い(笑)
ユークロマのハイドロキノン4%
入手してみました!
コレ、使ってる方多いですよね。

成分:ハイドロキノン4%/w/w/クリーム基材

まとめ買いをすると
本当にコスパが良いです◎
(最大1本あたり473円)

 

今回は、このユークロマを使用してみた感想
や、おすすめの使い方、わたしが行っている
バストトップへの使い方などを
ご紹介していきたいと思います♡

ユークロマ おすすめの使い方

はじめに

ハイドロキノンの特徴や使い方を知らない方
は、はじめる前にぜひ読んでみて下さい↓
よく知らないで使うのは本当に危険ですよ×

トレチノインとの併用を考えている方は
ぜひこちらも参考にしてみてくださいね↓

個人輸入で安く行う場合は
‟正しい知識があってこそ”ですよね♡

自己流でやりだしてしまったり
慣れて紫外線予防をしなくなったりすると
本当に痛い目に合うので気をつけましょ~!

ユークロマを使用してみた感想


ユークロマのハイドロキノンは
やわらかめの軟膏のようなテクスチャー
なので、部分的に使用したいときなどにも
塗りたい部分に留まりやすく使いやすいと
感じました。香りも気になりません。
(ビハクエンのハイドロキノンはクリームと
乳液の中間くらいのテクスチャーでした)

ひとつ、気になったのが……
チューブの入り口が大きい事です。

ビハクエンのチューブは
しっかり先細りタイプになっているので
空気に触れる面積も少なく
劣化しにくい形状になっていますが

ユークロマのチューブは入口が大きいので
劣化しやすく、フィルムを剥がしたら
歯磨き粉のように出てきます……(苦笑)

使用範囲が多い方はすぐに使い切れる
サイズではあるのでそのまま使っても
問題ないと思いますが

例えば
頬の一部のシミに対して使用する場合など
使用量が少なく、保管が長くなりそうな方
は、フィルムを剥がさずに針穴を開けて
取り出すと良いかもしれないと思いました!


フィルムを剥がさずに針穴をあけた場合↓

フィルムを剥がした場合↓

空気に触れる面積を減らせます!

劣化してきたハイドロキノンは
刺激がより強くなり、肌荒れしやすいので
出来るだけ新鮮なうちに使い切ってしまう
のがおすすめです
※ユークロマの使用目安は開封後1ヵ月です!

チューブの形状が気になる事以外は
総合的にコスパも良く満足でした◎

ユークロマ 効果

わたしは現在、お顔のシミ治療は
ピコトーニングで行っているので

ハイドロキノンの使用はボディの黒ずみ
(バストトップ等)にのみ
使用していますが
さすがはハイドロキノン!
しっかり効果を実感しています。

トレチノインとの併用が
さらにGoodですね。

オオサカ堂の口コミなどを見ると
お顔のシミ治療に対しても
トレチノイン+ハイドロキノンで
しっかり効果が出たという方が
多かったです。

日常的にレチノールを取り入れている方は
ハイドロキノン単体だけでも
効果を実感できるかもしれませんが

基本的にはハイドロキノンだけでシミが
消える事はないので、トレチノインで
肌を入れ変えてあげることが必要です。

ユークロマには種類がある?

今回、購入したユークロマクリームは
ハイドロキノン4%単体のものですが

ユークロマプラスというハイドロキノンに
トレチノインとモメタゾンフランカルボン酸
エステル(ステロイド)が含まれている物や

ユークロマKJクリームという
ハイドロキノンに更にコウジ酸が
含まれているクリームもあります。

個人的には、ステロイド含有のクリームは
あまり使いたくないですね~。

モメタゾンフランカルボン酸エステルは
ステロイドの中でもかなり強いものです。

炎症を抑えるという意味で
含まれているのかもしれませんが

トレチノインにステロイドってそもそも
禁忌なんですよね。

(?)って感じです。

バストトップへの美白効果

わたしはシミ治療ではなく
バストトップの黒ずみに対して使用する
ことの多いハイドロキノンですが

気になるのはその効果だと思います。

‟乳首をピンクに”と一口に言っても
色白、色黒、イエローベース、ブルーベース
など、肌質によっても仕上がる色味は
違ってきますし

女性はその時々のホルモンバランスによって
乳首の色も変化しますよね。

元々の肌色がイエローベースの方は
薄いベージュ系に
色白でブルーベースの方は
ピンク系になりやすいとは思います。

一般的に、乳首の色が濃くなるのは
女性ホルモンが多い時なので
(もちろん擦れなどもありますが)

‟遊んでいる”という偏見や
女性はみんな薄いピンクだと思っている
男性は本当に勘弁してほしいものです(苦笑)

※モザイク後、拡大して色味だけを掲載しています。

わたし自身はイエローベースなのですが
とても色白なので、薄いベージュが少し
ピンクがかったピンクベージュくらいには
仕上がります。

元々、画像真ん中のベージュ系くらいの
色味だったのですが……
ピルの服用後くらいから、寒さなどで縮むと
黒!?と思うくらい濃くなってしまったのが
とてもコンプレックスになり(涙)
(↑画像一番上縮んでいる時の色味です…)
トレチノイン+ハイドロキノンを
取り入れてみることにしたのです。

この画像よりもMAXにピンクっぽく
仕上げたこともありますが
ハイドロキノンは可逆性といって
元に戻る性質もあるので
使用を辞めるとだんだんと自分本来の色味に
戻ってきます。
(わたしの場合は一番濃くなってしまった時
の色味には戻っておらず、それで満足なので
逆にやりすぎたところで元に戻るという
ことがわかってから、程々にしています)

ハイドロキノンの長期使用は白斑や
オクロノーシスになる恐れもありますので
ここぞというタイミングで色味を整えたら
しばらく使用はせず、また気になってきたら
しっかり期間を空けてから再開する
くらいがちょうど良いと思います。

やりすぎないに越したことはないですね!
黒すぎるのが解消されたら
やめてもいいと思います。

ご参考までに。

バストトップへの塗り方

シミ治療ほど神経質にならなくても大丈夫
ですが、トレチノインとハイドロキノンの
性質だけはきちんと理解してから
はじめてみてくださいね↓

それでは
簡単にですが工程をご説明します~!

①ビタミンC導入液などを塗布する
この工程は省いてもOKですが
トレチノインを使用していると
皮が剥けてきてカピカピ、カサカサした乳首
になってくるのでお顔同様保湿をしてあげる
という意味でも整えてあげるのは良いかも
しれません。

ビタミンC導入液だとより美白効果が
あります。お化粧水でもいいですよ。

次のトレチノインを塗布する前に
乾かしてくださいね。

②トレチノインを乳輪&乳頭に塗布する

シミ治療とは違ってはみだしても
乳輪回りも皮が剥ける、というだけなので
そこまで神経質にならなくても大丈夫ですが
乳輪の内側&乳頭に薄くトレチノインを
塗布していきます。
次のハイドロキノンを塗布する前に
何分か乾かしてください。
(ひとつひとつの薬剤を浸透させる為です)

③ハイドロキノンを乳輪&乳頭に塗布する

トレチノインを塗布したあと
少し時間を置いてから
乳輪&乳頭にハイドロキノンを塗布します。
トレチノインよりもしっかりめに塗布して
OK!これで終了です~。

 

一般的には
紫外線に晒される部分ではないので(笑)
朝、晩で塗っても大丈夫ですが
わたしは日中使う下着にクリームを
つけたくないので夜のみ&トレチノインの
反応などを見て間隔を空けたりしています。

毎日、長期で使い続けると
かなりしみるようになりますので
ご自分の用途にあわせて程よく行うのが
おすすめです。

ハイドロキノンが合わない体質の方
トレチノインの反応が出ないという方も
中にはいらっしゃいますので
トレチノイン&ハイドロキノンが使えるか
どうかがわからない方は
どうかこちらの記事は参考にせずに!
クリニックの指導のもと行って下さいね~。

さいごに

こちらの記事はユークロマクリームの購入を
促すものではありませんので
あえて詳しい情報は掲載しておりません。

個人輸入をされた際は
自己責任でご使用いただくように
お願いいたします。(ぺこり)

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!

人気ブログランキング

美容医療に夢中 ♡
普段はWiQoとサンホワイト
だけのシンプルケア
肌管理が大好きな30代
主に美肌×美髪について
発信しています元美容師
何かひとつでもお役にたてたら
嬉しいです!

あおいをフォローする
医薬品
あおいをフォローする
sippomaru beautyblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました