ホームカラーとサロンカラーの違い|サロンカラーを推す理由とは


こんにちは!あおいです♡

 

ホームカラーの利点といえば
手頃なお値段と
自宅でも気軽に染められるところ
でしょうか。

 

わたしも、高校生になりたての頃は
髪を染められるのがとても嬉しくて
何度か使ってみたことがありました!

でも、それっきりです。(理由はのちほど)

 

「髪を染めるのは同じなんだから
ホームカラーも美容室のカラーも
特に変わりはないんじゃない?」

とお思いの方も多いと思いますが……

厳密に言うと違うんです

 

わたしは、髪を美しく保ちたいという方には
ホームカラーを極力してほしくない
思っています。

……なぜか?

 

その理由を
これから詳しくご説明していきたいと
思います!

ホームカラーとサロンカラーの違い


カラーリングをする方は
その後もカラーリングを続けていく方が
ほとんどだと思います。

カラーをして、1,2ヵ月が経過すると
根本は地毛が伸びてきて黒くなり
逆に中間~毛先は染めたての時よりも
退色していると思います。

 

美容室で染めるカラーでは
元々の色素を抜く必要がある「根本部分」
前回のカラーで抜けてしまった部分を
染めたい色で補ってあげる「中間部分」
傷みやすい「毛先部分」

薬剤の濃度を変えています

 

もっと厳密にいうと、あなたが
「今回はマット(緑系)に染めたい!」
とお願いしたとします。

でも

あなたの現在の髪色が
とても‟黄色みが強く出ている”場合
そのままマットで染めるだけでは
あなたの「なりたいマット(緑系)
の色味を綺麗に出すことは出来ません。

 

そこで!

黄色味を打ち消す‟アッシュ(青系)”を
マットの中にブレンドして染めることで
初めてあなたの「なりたいマット(緑系)
の色味に近づけることができるのです。

 

美容室のカラーリングでは
このように美容師がしっかりと
あなたの髪の状態を確認しながら
あなたにとってベストになるカラーを
調剤している
のです

 

ねこさん

では……ホームカラーはどうでしょうか?

 

基本的には
‟どんな人でも
簡単に染めることが出来るように”
「根本部分」~「毛先部分」関係なく
全て強い薬剤を使用しています

 

中間~毛先部分も
新しく生えてきた髪と同じように脱色し
新しく色味を入れていきます。

これを繰り返してしまうことで
ダメージ毛→ハイダメージ毛へと
傷みが進行してしまう
可能性があります。

 

また

その気軽さから
「今回は何色にしよう~♪」と
いろいろなカラーに挑戦される方も
多いと思いますが

先程もお伝えしたように
あなたの現在の髪色・髪質を考慮して
(赤みがでやすい・黄色味がでやすいなど)
色味を調整することができません。

その結果
自分がなりたかった色味と全然違う
という事も、十分起こり得るのです。

 

また、ホームカラーは
‟自分でも染められる”というのが売りなので
うしろや髪の内側まで
しっかり確認できないまま
自分で全体を染める方も多く
知らず知らずのうちにムラを作っている
ことがあります。

ホームカラーで
ひどいムラを作ってしまった場合
美容室のカラーリングでも
治して染めていくのはとても大変です。

 

「せっかく美容室で染めたのに
きれいに染まっていないじゃないか~。」

という経験があるそこのあなた!

美容師の技術不足が原因の場合も
もちろんありますが……

以前にホームカラーを使って
染めたことはありませんでしたか?

 

ホームカラーの履歴があると均一に染める
には限界がある場合があります。

 

特に、今後もカラーを継続したい場合
一番やってほしくないホームカラーが

「黒染め」です!(学生さんは特に注意)

ホームカラーは薬剤が強い上に
色味の中でも一番濃い色なので
染料が髪に残留しやすくその後の
カラーリングに大きな影響を与えます。

 

美容室でカラーをする場合
黒染めをした部分を「脱染」しないと他の
カラーリングが出来ない場合があります。

黒染めをおこなった場合は
必ず、美容師さんに伝えましょう

 

美容室で行う「黒染め」はトーンを落とした
ブラウン系を使用する事が多く
黒過ぎない仕上がりにすることも可能です。

今後もカラーを続けていきたい方は
「黒染め」をするときには
ホームカラーは使わないほうがいい
ですよ。

ホームカラーのメリット・デメリット

以上のことから
「髪を美しく保ちたいという方には
ホームカラーを極力してほしくない理由」
は分かりいただけましたでしょうか?

 

とはいえ……
いろいろなご事情で
「ホームカラーを利用したい方」
「ホームカラーを利用するしかない方」
もいらっしゃるはずです。

現在では、コロナ感染症の影響などで
「美容室にいくことを控えたい方」
もいらっしゃいますよね

 

ということで!

ホームカラーのメリット・デメリットも
考察しながら

(出来る範囲で)髪を痛めずに
ホームカラーをする方法

もご紹介していきたいと思います!

 

※ホームカラーのやり方はこちらの記事や
Youtubeなどを参考にしてみてください。

ホームカラーメリット
・価格が安い
・自宅で簡単に染められる
・美容室に行く必要がない
ホームカラーデメリット
薬剤が強く髪が痛む
適切なケアが出来ない→色落ちが早い
ムラになる など

カラー剤の選び方

ホームカラーを選ぶときは
泡タイプではなく
塗り分けをすることができる
「ハケで塗るタイプのカラー剤」
を購入しましょう。

しっかりブロッキングをしながら塗ることで
塗り残しや塗りムラを防ぐことができます。

出来ればご家族や友人に塗ってもらうと
良いでしょう。

あなたの髪の状態をスマホでカウンセリングしたあと→あなたにぴったりのカラー剤を調合し、自宅まで届けてくれるという新サービスのネット通販もあります!こちらもぜひチェックしてみてくださいね。カラリス

リタッチだけにする

これは、カラーを続けている方にのみ
有効な方法です。
現在の髪色に近いカラー剤を購入し
髪が伸びてきた部分(地毛の部分)だけを
リタッチします

(境目はオーバーラップをして
しっかり塗るようにしてくださいね)

カラー剤を流す前に「乳化」といって
お湯を‟少し”かけたら流さずに
しばらくお湯とカラー剤をなじませながら
しっかり揉みこんでいきます。

最終的に髪の中間部分や毛先も含めながら
揉みこむことで
根本部分はしっかりと染めながら
中間~毛先にもカラー剤がなじむので
毛先へのダメージを最小限に
仕上げることができます。

ホームケアにこだわる

自宅でホームカラーをする場合
美容室のように前処理・後処理のケアを
徹底することができませんよね。

おまけに
傷んでしまった髪のヘアカラーは
色落ちがとても早くなります

結果的にコスパが悪くなることも。
(ホームカラーのあと
髪がバリバリになってしまった経験
ありますよね)

そこで

カラー後の
シャンプー&トリートメントだけでも
サロン品質にこだわってみるのは
いかがでしょうか?

市販のシャンプーは洗浄力が強すぎるので
カラー専用のシャンプー
アミノ酸系シャンプーを使うのがおすすめ
です。

シャンプー&トリートメントを
変えるだけでも
カラー後の髪質が全然違いますよ。

ヘアケアスタイル
こちらの「HAIR CARE STYLE」では
サロン系ヘアアイテムが多数揃っています!

 

ネット通販で気軽に購入することが出来る
ので、あなたの予算にあった素敵な商品を
見つけてみてくださいね。

 

こちらの記事で紹介している
サロンシャンプーやトリートメントは
わたしの一押しです!

どんな髪質の方にもおすすめしています。

まとめ

ホームカラーとサロンカラーの違いは
お分かりいただけましたでしょうか?

 

カラーの事ばかり話していたら
美容室に行きたくなっちゃいました~(笑)

 

「綺麗な髪・綺麗な髪色」は
あなたをより魅力的にしてくれます!

髪のケアをしっかりしながら
ヘアカラーも楽しみましょ~♪

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました