【セルフ】自宅で行うヴェルヴェットスキンのやり方を共有します!

こんにちは!あおいです♡

 

この記事では

ダーマペン×コラーゲンピール
ダーマペン×ミラノ・リピールの

‟ヴェルヴェットスキン”のやり方を
丁寧に解説していきたいと思います♡

ヴェルヴェットスキンのやり方

まずはじめに

個人差はありますが
ダウンタイムがあります。(~1週間程度)
しばらく肌荒れや皮むけがおきたとしても
大丈夫な日程で行いましょう。

ねこさん

痛いから心の準備もね

必要なもの

クリニックに忠実な方法を記載しています。
必要だと思うものだけでOKですが
出来る限り忠実に行ってみてください。

下準備・仕上げ ※必須
・洗顔料
・精製水orアルコール
・拭きあげ用の布
・清潔な容器
・鎮静用パック
・ワセリン
ダーマペン用 
・ダーマペン本体
・ダーマペン針
・成長因子
・シリンジ&インジェクター針
・麻酔クリーム&ラップ

手順

STEP①洗顔


メイクをしていない場合も
必ず洗顔をして汚れを落とし
しっかり水気を拭き取りましょう。

STEP②麻酔


※ヴェルヴェットスキンは痛みが強いので
痛みに弱い方は麻酔の使用をおすすめします。
必要がない方は省いてOKです。

①麻酔クリームを施術部位に塗ります。
皮膚が直接見えない程度に厚みをもたせ
クリームをのせるように塗っていきます。

②ラップをすると効き目が良いです。
用法を守って時間を置いてください。
通常の目安は60分前後。
効き目が早い場合は30分程度でOKです。

③感覚がなくなっているのを確認したら
布で拭き取るかぬるま湯で流しましょう。

この後、アルコールで拭きとりを行う
クリニックもありますが

アルコールでかぶれてしまう方は
ノンアルコールのシートや精製水など
でもOKです。
※洗顔料は使わないでください。
拭き取りの方が麻酔の効果が残りやすいですよ。

STEP③成長因子塗布

※成長因子を使うとダウンタイムに
かなり違いがでます。
コスパが良いダーマヒールで良いので
使用されることをおすすめします。
クリニックでは必ず使用しています。

①使用するぶんの成長因子を
シリンジで取り出しておきましょう。

②ダーマペンで針を刺す前に
成長因子を塗布します。

すぐに乾いてしまうので
施術をする部位ごとに
付け足しながら施術を行いましょう。


ダーマペンをしながらだと
手元がもたつきやすいので
清潔な容器にうつしておくのが
おすすめです。

STEP④ダーマペン

①針を本体にセットして
施術する深さにメモリを合わせましょう。

※ダーマペン単体の場合は深くてもOKですが
この後、コラーゲンピールorミラノリピールを
塗布したときに、かなり
強い痛み・灼熱感が
伴います。

クリニックでも、ヴェルヴェットスキンを行う
場合は、
ダーマペンを当てる時間も短く
深度も部分的に調整をしています。

ケロイドや炎症性色素沈着を起こさないため
にも、
過度な施術は程々に。
初回は特に様子を見ましょう。

②成長因子を付け足しながら
皮膚に対して直角に刺していきます。

出血をした場合は軽く拭き取りましょう。

STEP⑤「PRX-T33」or「BioRePeel」塗布

①「PRX-T33」はそのまま使用できますが
「BioRePeel」は瓶を振って親脂相と親水相
を均一に混ぜてから使用しましょう。

製剤は開けた瞬間から劣化が始まるので
シリンジ&インジェクター針を使用して
蓋を空けずに適量を取り出す方法を
おすすめします。

わたしは中央のシリコン部分だけ
金属を外して吸い上げています。

使い切る場合は蓋を完全に開けて
しまっても構いません。

 

②ダーマペンを行った状態のまま
(洗顔などはしないでください)
「PRX-T33」or「BioRePeel」を塗布して
マッサージをしていきます。

一般的に「BioRePeel」の方が痛みが少ない
と言われていますが、ヴェルベットスキン
の場合、針で肌を傷つけたあとのピーリング
なので、どちらにしろ痛いです。

強い痛みと灼熱感が伴うと思いますので
単体で行うときと同じ時間を置かなくても
大丈夫です。

2~3分程度置き
水分を含ませた布で拭き取りましょう。

ダーマペンを行っているので
洗顔は行わないでください。

STEP⑥アフターケア

①赤みやひりつきがしばらくあると思うので
成長因子のパックを冷蔵庫で冷やしておき
鎮静パックを行うのもおすすめです。

ダーマヒールを再度塗るのもいいですね。

 

②PRX-T33専用のアフターホームケア
‟WiQo保湿ナリシングクリーム”で
仕上げるのがおすすめです。
(フェイスフルイドは翌日の夜から使用)

「BioRePeel」使用の場合もOKです。

 

③とても乾燥するのでサンホワイトなど
精製度の高いワセリンで保護をしましょう。

STEP⑦終了

残った製剤は針を刺した部分に
ラップをかけるなどして
冷蔵庫で保存をしてください。

ボディにも併用をして
早めに使い切りましょう。

ダーマペンの針・シリンジ&針は
使いまわさずに必ず使い捨てにしましょう。

それぞれの市区町村の指示に従い
適切に処分をしてください。

ダウンタイムについて

個人差はあると思いますが

成長因子を使った場合、数時間後には
赤みはひいていくことがほとんどです。
(ダーマペンをガッツリやった場合は
赤みがしばらく残るかもしれません。)

その後、1週間ほどダウンタイムがあります。

乾燥・肌荒れ・皮むけなどがあり
お肌がかなり繊細な状態になるので
十分な保湿と紫外線対策を心がけて下さい。

ダウンタイムをこえると
嬉しい美肌効果を実感できると思います♡

【ヴェルヴェットスキンの禁忌】
・皮膚に炎症がある方
・過度の敏感肌の方
・皮疹・ヘルペス発疹の方
・脂漏性皮膚炎の方
・ケロイド体質の方
・金属アレルギーの方
・トレチノイン・ハイドロキノン
を使用している方 など

ヴェルヴェットスキンが適応なのか
わからない方は、自己判断で行わずに
必ずクリニックで施術を行ってくださいね。

さいごに

ヴェルヴェットスキンのやり方について
出来るだけ丁寧に解説をしてみました。

 

かなりハードな治療なので
クリニックでやってもらうのが
一番いいと思いますが

ねこさん

痛すぎる

参考にしていただけたら幸いです。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!

人気ブログランキング

あおい

美容医療に夢中 ♡
普段はWiQoとサンホワイト
だけのシンプルケア
肌管理が大好きな30代
主に美肌×美髪について
発信しています元美容師
何かひとつでもお役にたてたら
嬉しいです!

あおいをフォローする
美容医療
あおいをフォローする
sippomaru beautyblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました