ハイドロキノンの使い方や特徴を理解して賢く上手に取り入れよう



こんにちは!あおいです♡

 

ハイドロキノンといえば
‟高い美白効果” や ‟シミに効く”
イメージがありますよね。

わたし自身も
‟シミを消してくれるもの”という
イメージを勝手に持っていましたが

正しくは
‟新しいシミが作り出されないように
予防してくれるもの”なんです。

既にあるメラニンを直接破壊するものでは
ないんですよね。

じゃあハイドロキノンだけを使っても
効果がないってこと!?という疑問も含めて

この記事ではハイドロキノンについての
基礎知識をたっぷりとご紹介しています。

ハイドロキノンは副作用やリスクもある
薬剤なので、なんとなく使い続けるのは
おすすめできません。

‟ハイドロキノンとはどういう薬剤なのか”
ということを、よく知った上で
上手に賢く使っていただけたらと思います

ハイドロキノンについて

ハイドロキノンとは

美容分野の外用剤としては
ハイドロキノンと呼ばれることが多い
ですが、ヒドロキノンといいます。
(以下ハイドロキノンと統一します。)

ハイドロキノンは
元々、写真の現像に使われていた化学物質
でした。写真を現像する写真屋さんの
手が白いことから‟美白効果”が注目され

ハイドロキノンの研究が進んだ結果
‟新たなシミができるのを抑える効果がある”
ということがわかり、シミの治療や
化粧品にも使われるようになりました。

ハイドロキノンの作用

ハイドロキノンには
‟新たなシミができるのを抑える効果がある”
といいましたが、仕組みとしては

メラニンを作る過程で「チロシナーゼ」
という酵素がシミになるのを促進させる働き
をするのですが

ハイドロキノンがこのチロシナーゼの働きを
阻害してシミを作らせないようにします。


※クリニックからお借りしています。

こんな話をしていると……
‟チロシナーゼよ。
なぜ君はシミを作ろうとするんだ!!”
と怒りが湧いてくるかもしれませんが

結論からいうと
必要だからシミは作られるのです。

人は紫外線を浴びると
皮膚にある細胞のDNAが壊されるので
結果として「皮膚がん」になる可能性が
高まります。

そこで、紫外線から体を守るために
紫外線に対してフィルターのような働き
をするメラニンが作られます。

つまり

紫外線から体を守るために
チロシナーゼは働いているのです!
(活性酸素によってより活性化します)

ねこさん

責めてごめんね。
いつもありがとう(?)
でもシミは嫌だよ。

本来であれば紫外線から守るために
メラニンを作っているものを
ハイドロキノンを使うことで
阻害させるわけですから……

ハイドロキノンは
皮膚がんになる可能性を高めるのです。

ハイドロキノンを使うということは
紫外線という害を直接受けることになるので

ハイドロキノンを使う以上は
紫外線を防御することは
絶対に必要
になります!!

ハイドロキノンの還元作用について

ハイドロキノンには
皆さんご存知の高い美白効果に加えて
還元作用という効果もあります。
(還元作用とは、簡単に言ってしまうと
酸化の反対の作用です。)

この、還元作用によってシミが薄くなる
という表現をしているものを
ネットでもよく見かけるのですが

還元作用というのは
年月とともに酸素と結合して酸化
(くすんでいく)ことに対して
結合した酸素を引きはがす作用なので

‟肌表面のくすみが取れて白くなる”
というものであって

肌表面にハイドロキノンを塗っただけで
皮膚の深いところにあるメラニンにまで
ハイドロキノンが届くことは難しいため

ハイドロキノン単体だけで
全てのシミが薄くなるわけではありません。

ハイドロキノンは肌の漂白剤といわれるほど
美白効果が高いといわれていますが

「可逆性」といって使用をやめれば元に戻る
性質もあります

ハイドロキノンでシミを排出するには

ハイドロキノンは
新たなシミを作らないようにするものなので

ハイドロキノン単体だけで
既にできてしまっているシミを排出する
としたら、それは自分のターンオーバー
によるものです。

ターンオーバーは20代であれば
1ヵ月程度で肌が生まれ変わりますが
年齢を重ねるほど遅くなりますよね。

そのぶん、ハイドロキノンを長期間
継続して使用することが必要になります。

ただ……

自分のターンオーバーにまかせて
ひたすらシミが排出されるのを祈って待てば
いつかはシミが全てなくなるのでしょうか?

結論はNOです
(※真皮までのシミがある場合)

皮膚の深いところ(真皮)で
固着されてしまったシミは
いつまで経っても排出されません。

タトゥーを思い浮かべて頂くと
わかりやすいと思います。

皮膚の深いところに入れた色素は
ターンオーバーがされたところで
いつまで経っても排出されないですよね?

なので

表皮までのシミにはトレチノインを併用した
トレチノイン・ハイドロキノン療法

真皮までのシミには
シミの種類に適したレーザー治療

を取り入れるのがおすすめです。

 

自分のシミに適した治療を行うためにも
クリニックで診察して貰うことも大切です。

ねこさん

シミ治療は安易に考えないほうが良いですよ

ハイドロキノンは補助的な役割

トレチノイン療法を行う上でも
レーザー治療を行う上でも

シミに対する効果が高いゆえに
皮膚がダメージを受けることで
炎症後色素沈着”になる可能性があるため

「ハイドロキノン」を
補助的に併用することが多いのです。

化粧品のハイドロキノン

日本では、ハイドロキノン2%までの配合が
厚生労働省に認められているため
化粧品にもハイドロキノンが含まれている
ものが販売されるようになりましたが

医療用のものに比べると
‟100分の1程度の効果”という表現を
しているクリニックが多いです。

ハイドロキノンは
化粧品などで常用するのではなく

シミ治療をするときに
シミができやすくなるタイミングや期間に
限定して予防として使うのが
賢い使い方です。

依存しすぎず、上手に利用しましょう。

※とはいえ……。
医療用のハイドロキノンは
効果が高いぶん、刺激が強いため
化粧品としてマイルドなものを取り入れたい
という方もいらっしゃると思います。

効果はやや弱くなりますが
刺激が比較的少なくて肌に浸透しやすい
「安定型ハイドロキノン」という
他の成分が合成されたハイドロキノンを
使用するのがおすすめです。

ねこさん

ハイドロキノン配合の
美白化粧品pickup3選


①b.glen ビーグレン
QuSomeホワイトクリーム1.9

純粋なハイドロキノンを
カプセルで包み安定化させています。
シミへの効果もありながら低刺激性です。


②エピステーム HQレーザークリア
「超安定型ハイドロキノン」が
バーム状の軟膏に配合されています。
ピンポイントに密着して塗りやすいため
使用感が抜群です。


③アンプルール
ラグジュアリーホワイト

コンセントレートHQ110
独自成分の「新安定型ハイドロキノン」
を配合。安定性が高いので
肌に負担をかけにくいです。
濃いシミを消したい方におすすめです。

ハイドロキノンの濃度

先程、2%までのハイドロキノンは
日本でも認可されているといいましたが

2%以上の濃度のハイドロキノンを
使用したい場合は、原則として
病院での処方が必要になります。

濃度が高いほど効果が高くなる一方で
副作用も強くでます

トレチノイン・ハイドロキノン療法では
4~5%のハイドロキノンを
使用することが多いですが

5%のハイドロキノンは
動物実験などで発がん性が指摘され
使用が禁止されている国もある

現在では副作用やリスクを考慮して
4%のハイドロキノン
を使用しているクリニックもあります。

※海外から個人輸入をする場合は
濃度の高いものも安く、手に入りますが
成分の信用性含めて自己責任です。

ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンは非常に強い成分のため
赤み・かぶれなどの炎症をおこしやすく
人によっては肌に合わない場合があります。

肌に合わなかった場合は
使用をやめましょう。

傷やできものがある部分に使うと
傷が悪化することもあります。

長期の継続使用や高濃度のハイドロキノンを
使用することで白斑オクロノーシスになる
リスクがあるので注意が必要です。

6ヵ月以上の継続使用は避けて
2~3ヵ月は空けるようにしましょう。
※メラニン色素が作られるメラノサイト
そのものの働きを抑制する働きもあるため
1年以上など、長期で使い続けた場合に
色素を作る働きを失った皮膚が部分的に
色が抜けてしまうことがあります。

ハイドロキノン使用時の注意点

先程もお伝えしましたが
ハイドロキノンを使用するときは
絶対に日焼け止めや日焼け対策を併用して
紫外線を浴びないようにしましょう!

クリームを塗るのは夜間のみにするのが
おすすめです。

また

安定性が悪い薬剤なので長期保存が
できません。

特に熱や光に弱いので、冷暗所で保管し
クリームの色が茶色っぽく劣化してきた場合
は、使わずに買い替えましょう。

劣化したものを使い続けると
肌への刺激が強くなります。

さいごに

以上、ハイドロキノンの薬剤について
解説させて頂きました。

 

ハイドロキノンへの理解が
より深まっていただけたら嬉しいです。

 

上手に使って
美肌を目指していきたいですね♡

最後まで読んでくださりありがとうございました!

 


人気ブログランキング

美容医療に夢中 ♡
普段はWiQoとサンホワイト
だけのシンプルケア
肌管理が大好きな30代
主に美肌×美髪について
発信しています元美容師
何かひとつでもお役にたてたら
嬉しいです!

あおいをフォローする
医薬品
あおいをフォローする
sippomaru beautyblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました