ピルでニキビができない肌に!|ピルの服用を迷っているあなたへ

こんにちは!あおいです♡

 

こちらの記事では
どんなニキビ治療を行っても
全く治ることがなかったわたしが

ピルの服用で
‟ニキビが全く出来ない肌になった”経験を
元に、ピルを服用したことで起きた
体の変化を詳しく書いています。

ピルの服用を迷っている方は
ぜひ、参考にしていただけたら幸いです。

ニキビと低用量ピル

わたしがニキビに悩み始めたのは
部活を引退した中学3年生頃から
だったと思います。

それからというもの

成人を過ぎた20代半ばになっても
ニキビに悩まされる日々が続きました。

 

‟思春期ニキビだからじきに出来なくなる”
なんて本当ウソ……(泣)

学生の頃から皮膚科や美容皮膚科に通い
ありとあらゆる塗り薬や飲み薬ピーリングも
いろんな種類を試してみましたが

結局次から次へとニキビができるので
すべてが堂々巡り。金ドブ。

 

次第に……肌が汚いストレスから
角栓を自力で出すことに夢中になってしまい
ニキビ跡でいっぱいの顔面になりました。

ニキビは本当に触らないほうがいいですよ。

今はにっくき、金属の棒。

ひどい状況を脱したのは低用量ピルだった

ニキビに悩んでいる人は
相当な努力をしていると思うんですよ。

洗顔もしっかりしているし
アクネケアの化粧品でお手入れをしていたり
髪が肌に触れないように過ごしていたり。

治療のためにお金もかけているし……。

 

こんなに気を付けているのに、なぜ……!

 

わたしがこの状況から嘘のように脱したのは
「低用量ピル」を服用したこと
だったのです。

別角度から原因を疑ってみてほしい

肌表面のことだけにとらわれて
どうにかしようとしても
どうにもならなかったのが

低用量ピルを服用して以来
全くニキビが出来ない肌になったのです。

全く!です。

 

わたしのニキビは
「男性ホルモン」が優位になっていることが
主な原因だったのでしょう。

同じように重症ニキビに悩んでいた友人は
どんなニキビ治療をしても治らなかったのに
「銀歯」を全て口のなかから取り除いたら
全くニキビが出来なくなったそう。

この方は「金属アレルギー」がニキビの原因
になっていたのです。
(口の中に銀歯があると、経年によって金属
が溶けはじめ、唾液から血液中に入ると
考えられています。金属が体内に蓄積すると
様々な不調の原因にもなるそうです。)

 

生活習慣が原因で出来るニキビは
決まった顔の箇所(Uゾーンなど)
にできる傾向がありますが

わたしや友人のように
婦人科系や金属アレルギーが原因で
出来るニキビの場合

顔のどこにでもできる特徴があると
いわれています。

 

もちろん、思春期のホルモンの変化で
一時的にニキビがひどくなってしまうことは
誰にでもあるのですが

なかなか治らないニキビは後々
しつこいニキビ跡になって
残ってしまうことがあります

 

ニキビ跡を治すのはニキビを治すよりも
もっと根気もお金もいる……

だから

基本のニキビ治療で全く効果が出ていない人
は、別の角度から
原因や治療法を考えてほしいと思うのです。

 

わたしはこんなにもニキビ跡を作る前に
「低用量ピル」を服用するという
選択肢を知りたかったなぁと思っています。

メリット・デメリットを知り自分で選択する

わたしがまだ学生だった頃は
「低用量ピル」を飲んでいる、と聞くと
「セックスで妊娠しない為に飲んでるのね」
という、あまりいい印象に思われない薬
だったと思います。

 

でも、最近では
ニキビに悩む女性が当たり前のように
服用している薬
なんです。

おそらく
いろいろな方法を調べている方の中には
すでに低用量ピルが‟ニキビに効果がある”
ことを知っている方も多いはず。

 

低用量ピルについては
病院医師が発信している情報をよく吟味
して調べるのが間違いないと思います。

メリット・デメリットについて
しっかり把握した上で
最終的には自分の判断で決めること

 

わたしはメリットの方が多いと
実感しています

・ニキビ肌に悩んでいるけど、普通のニキビ治療ではなかなか効果が実感できていない
・「低用量ピル」を服用していない

こんな方には
低用量ピルの服用も視野にいれてみることを
おすすめします。

 

生活習慣などの原因を除いた場合
女性の場合は‟低用量ピルの服用で
ほぼ、ニキビの悩みは解決する”
ともいわれています。

ピルを服用して実際に感じたことを
色々な視点からまとめて書いてみました。

個人差はあると思いますが
服用を迷っている方は
参考のひとつにしてみて下さい。

低用量ピルを服用して感じたこと
服用者データ
ピルの種類:マーベロン28
服用年数:24歳~7年ほど

飲みはじめ初期だけ副作用を感じた

微量でも体内のホルモンが変化するわけなの
で、慣れるまでに1~2ヵ月ほど
副作用がありました。

本当の初期は軽い吐き気
血管を刺すような激しい頭痛がありました。

逆にニキビも悪化してきたので
続けるかどうか悩んだくらいです。

でも、2ヵ月を過ぎたころから
吐き気や頭痛はおさまっていき
油っぽい肌質だったのが
だんだんときめ細かい女性らしい肌に
変化していきました。

半年以内でニキビがゼロに

驚きなのが、新しいニキビが全く
出来なくなったことです。

とにかく油っぽい肌だったので
細かい白ニキビは常にあるような状態だった
のですが、肌質自体が変化しました。

女性ホルモンがしっかり分泌されている女性
は、だから綺麗なんだなぁ~と思いましたね

おかげ様でニキビ跡治療に
がっつり専念できるようになりました。

おっぱいの変化

ピルを服用する3週間の間は
おっぱいが張ります。

わたしは痩せ型で微乳なので
おっぱいもこのまま大きくなったらいいなぁ
なんて思っていましたが
ピルの服用を休止する1週間の間に
元のサイズに戻ります(笑)

それでも、7年ほど服用を続けているので
ピルを服用しはじめる前よりは
若干大きくなったかなぁと思います。

ピルと体重の変化

ピルを服用するにあたって
太るのが心配な方も多いと思うのですが
わたしの感覚だと、服用する3週間の間は
水太りしやすいかなぁとは感じます。
わたしはむくみやすいです。
(1kg以内の変化)

でも、休止期間の間に
またスッキリとしてくるので
実際にピルを飲んだことで
体重が変化したことはないですね。

あとは、元々細身の幼児体型だったのですが
おしりが大きくなって
腰回りが女性らしく変化したと思います。

毛の変化

妊娠をした人が、毛が濃くなったり
薄くなったりすることがあるように
わたしはおへそ周りなどのうぶ毛が
濃くなりましたね。

脱毛に通っている人は
多少影響があるかもしれません。

 

ピルが影響しているとは言い切れませんが
毛髪の抜け毛は若干増えた気がします。

性欲

低用量ピルを飲むようになってから
性欲が減退しました。

男性ホルモンが優位な方が性欲が
活発になるんでしょうね。
パートナーがいる方は
事前に伝えておく方がいいかもしれません。

以前のパートナーにいわれたことなのですが
ピルを飲んでいるときと飲んでいないときの
フェロモンが違うらしいです。

PMS・PMDD解消

わたしがニキビ改善の次に嬉しかった効果は
PMSが解消されたことです!

もともと生理痛がとてもひどくて
生理のたびにどうしようもないイライラと
気分の落ち込みに悩まされていたのですが
生理痛もかなり軽減され
以前よりイライラする事もなくなりました。

生理がくる日がわかる&調整することも
可能なため、体調を考慮して予定を組める
のが、こんなに楽だとは思いませんでした。

 

他にも、避妊効果があることはもちろん
長期投与した場合には卵巣癌
子宮体部癌などの予防にもなります。

・月々2,000円程のお薬代がかかること
・定期的に検査が必要なこと
・血栓症のリスクがあること
・乳がんのリスクがあること

などのデメリットを加味しても
わたしにとってはメリットのほうが
大きいと感じています。

 

低用量ピルはいつでもやめることができる
ので、直近で妊娠を考えていない方には
とてもおすすめの方法です。

ニキビ跡になってしまったら

わたしは
ニキビに悩んでいる間の数年の間に
多数のニキビ跡を作ってしまいました。

時間が経過した
重度の「ニキビ跡・クレーター」は
完全に元の肌に戻すことは難しいと
言われていますが

限りなく目立たなくさせることは可能です!

 

ニキビ跡治療にも長年取り組んでいるので
おすすめのニキビ跡治療も掲載しておきます。
興味のある方はぜひ、参考にしてみてください。

まとめ

基本のニキビ治療を行っても
長期間治らない方は別の角度からも
原因や治療法も考えてみてほしい
ということをお伝えしました。

 

女性にとって「低用量ピル」の服用は
ニキビ肌の改善に有効である場合が多いので
メリット・デメリットをよく理解したうえで
取り入れてみるのもひとつの方法です。

 

「ニキビ跡・クレーター」
になってしまった場合の治療法も
参考にしてみてください。

 

あなたのニキビ肌が改善しますように!!

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました